なくてはならない名脇役、白Tシャツ!

どんなにワードローブをミニマルにしても、最後まで削ぎ落とせないであろうアイテムが、白Tシャツなのではないでしょうか。ベーシックがゆえに、主役になることはあまりないけれど、コーディネートに困ったら何とかしてくれるような、まさに名脇役、最強の助っ人、という感じがします。
一方でベーシックがゆえに、「おしゃれ」にはならないんじゃない?という先入観も持たれがち。白シャツと同じように、白Tシャツの着こなしさえ押さえればコーディネートの幅がぐっと広がるはず!ということで、おしゃれな白Tシャツ画像を集めました。自分にぴったりのTシャツの必要性がわかるはずです。
【こちらの記事もおすすめ】
✔︎Tシャツの着まわし16コーディネート。トレンドからベーシックまで

スポンサーサイト

ブラックボトムのモノトーンコーデに。

まずは、黒のボトムを合わせると、それだけでクリーンなモノトーンコーデが出来上がります!シンプルな着こなしなだけに、サイズ選びなどイメージに合わせて慎重になる必要があります。

左: クルーネックのゆるいTシャツ、黒パンツという削ぎ落とされたコーディネートだから、小物が印象を左右してきます。ゆるいサイズ感のラフなコーディネートに、かっちりしたレザーのバッグを斜めがけしているのが秀逸。程よいモード感があります。時計の黒ベルトすらファッションの一部に。
右: インナーに白Tシャツ。ブルゾンがミリタリーデザインですが、Tシャツは首が開いたコンパクトなデザイン、ボトムはスキニーで女性らしく。丈が短めのブルゾンを活かすよう、パンツもハイウエスト気味で、Tシャツをタックイン。

左: 思い切りオーバーサイズのTシャツは、袖をロールアップしたりボトムスにタックインしたりと、大きめなのにコンパクトに着こなすようにすると、ニュアンスが出ます。
右: こちらはコンパクトだけれどぴったりすぎない、ジャストサイズなTシャツを選んでいます。袖を少しだけ折り返した、「少しだけ」のさじ加減や、ここにシャープかつ女性らしいポインテッドトゥのパンプスを合わせたのが効いています。

+デニムは定番中の定番。

白Tシャツ+デニムは定番中の定番ですよね。鉄板のコーディネートだからこそ、サイズ選びや着こなし方がポイントになってきます。

左: コートのインナーに白T+デニム。メンズライクな靴でかっちりと見せつつ、足首見せですっきり。
右: ローライズの反対、レトロなハイライズデニムが今の気分。ゆるめのTシャツはデニムに裾をしまって、デニムのデザインを活かして見せる。白Tにぴったりの白スニーカーでコーディネートにまとまりを持たせつつ、かっちりしたレザートートを合わせてカジュアルにしすぎない。(カジュアルバッグでも合うけど、ご近所のお散歩系になりすぎちゃう。)

ベージュやグレーなど、柔らかい色にも。

すっきりとシンプルなデザインのTシャツというアイテムだから、優しい色使いで合わせたコーディネートでも名脇役に。

左: コンパクトな丈短めの白Tに、ベージュのパンツ。足元はヌーディーなベージュのサンダル、という、アイテム自体はカジュアルなのに、色の統一感があってどこかドレッシーなコーディネート。手元のゴールドアクセも◎ 差し色の赤いバッグもアクセントになって素敵。
右: 白のオーバーサイズなコートに、グレーのセットアップ、インナーが白T。他のアイテムが、ボリューム感がありつつシンプル&クリーンだから、その雰囲気を壊さないまましっくりとまとまる白Tが正解!明るい色がメインだから、黒小物がピリッと効いています。

スポンサーサイト

オールホワイトコーデもばっちり

オールホワイトコーデは、シンプル&普通になりすぎないように小物使いに自分らしさを表現してみましょう。

左: 落ち感のあるゆるいTシャツにゆるい白パンツ。ここにライトブラウンのレザーベルトが素敵。ゆるさをすこし引き締めつつ、色が明るいからホワイトコーデの柔らかさの邪魔にならない。
右: こちらも白のゆるいトップス、パンツで、ピンクのニットを腰に巻いてメリハリをプラス。白×ピンクの女性らしい色合わせだけれど、バッグと靴で辛口の黒をプラスしているから、甘くならず、シンプルでクールなスタイルに!

スカートにも合うからフェミニンにも。

もちろんパンツスタイルだけではなくて、シンプルだからこそスカートでもばっちり。フェミニンスタイルでも甘くなりすぎずに、すっきりとコーディネートできます。

左: 膝が隠れる丈のタイトスカートに、コンパクトなキャップスリーブのTシャツを合わせたのが技あり!例えば、ここにシャツを合わせるとコンサバになりすぎてしまうけれど、Tシャツなら程よくカジュアル。ノースリーブに近いデザインのTシャツだから、スカートのシャープなシルエットを引き立てる。
右: ボリューミーなマキシスカートも、細身のTシャツならすっきりバランス良く着こなせる。ヘアスタイルはアップにするのがさらにバランス良し◎

ボリュームのあるボトムスだけど、対照的なコーディネート!

左: スカート見えするワイドパンツ、コンパクトなトップスを合わせるのが定番だけれど、カジュアルにまとめるならあえてゆるいサイズ感を選ぶ。でも、裾はタックインでバランスを取るのを忘れない!アイテムがシンプルだから、インパクトのあるプラットフォームサンダルがおしゃれ。
右: 甘い雰囲気のスカートも、トップスにTシャツを選べば大人のフェミニンカジュアルに!こちらは、しっかりした素材感のぴったりしたTシャツでコンサバティブにまとめつつ、遊び心のあるポシェットを合わせてかわいい!

 目次 


スポンサーサイト

Related Posts