万能アウター「トレンチコート」をマスターして、もうアウターに迷わない。

今回は春、秋のアウターの定番「トレンチコート」です。定番アイテムですが、もともとルーツはメンズの軍服だったりすることもあり、「かっちりしすぎてうまく着られない」という方もいるかもしれません。どうやったら「着られている」感じがなく自然にトレンチコートを着こなせるのか、サイズ選びや着こなし方などをまとめました。これからはアウター選びにも迷わなくて済みますね!

スポンサーサイト


基本はジャストサイズでぴったり着る。

トレンチコートをきっちりと着こなしただけなのに、とても素敵です。サイズがぴったりなのが勝因と思われます!丈は基本的には膝丈くらいがおすすめです(パンツにもスカートにもバランスを取りやすいため)、でも小柄な方は、丈が長いものは苦手な方が多いかもしれません。そういう方は少し短めを選ばれるとよいかと思います。是非「自分にぴったりサイズ」のトレンチコートを見つけてみてください。

image via Pinterest
image via Pinterest

女優風ならきっちり着こなしてワンピースっぽく。

女優風にトレンチコートを着こなすなら、前は全部止めて、ベルトもウエストのところできっちり結んで、まるでワンピースのように着てみてください。(もちろんインナーはスカートで!)生まれた時からトレンチコートを着ていそうな、自然な着こなしに見えれば出来上がり。

✔︎ジェーン・バーキンのトレンチコートスタイル。ワンピースみたいに着こなしたトレンチコート、たくし上げた袖、赤で揃えたベレーとヒール。かっちりと「着られている」感じもなくてとても自然。

image via Pinterest
image via Pinterest

✔︎かっちりとしたアイテム「トレンチコート」をかっちりと着るのではなくて、袖はラフにたくしあげ、カジュアルなワンピースの様に着てしまう余裕。そんな余裕が「パリジェンヌ」っぽい。着崩したコートの足元はヒールで女性らしく、バランスをとって。

旬なのはラフにゆったりと羽織るだけ。

スタンダードを目指すなら、ジャストサイズできっちり着ることにはかなわないけれど、少し今風の、カジュアルモード風で着るならざっくりと羽織るだけでベルトは止めず、そのまま垂らすかポケットに突っ込んで。

✔︎ジャンヌ・ダマスもトレンチコートはがさっと羽織るだけ。ラフで気負わない雰囲気がおしゃれ。

image via LA COOL & CHIC
image via LA COOL & CHIC

✔︎左:こちらもジャンヌ・ダマス。カジュアルなデニムスタイルにトレンチコートを羽織るだけでカジュアル上級者に。少し長めの丈も雰囲気アップに◎
右:コートが着崩した雰囲気なので、レザーのバッグや、エナメルの靴、センタープレスのパンツといったきれいめのアイテムを合わせて、崩しすぎないように。

トレンチコートを羽織るパリジェンヌ
images via Pinterest

✔︎柔らかい生地感のトレンチもただ羽織るだけで生地の落ち感が大人っぽい。

image via Death by Elocution
image via Death by Elocution

✔︎左:ベルトを通さずに、気軽に羽織ったシルエットなら、ニット帽とスニーカーの定番カジュアルスタイルにもぴったり。
右:白トップスに、黒パンツのベーシックコーディネートも、ラフにコートを羽織っただけでこなれた印象に。

カジュアルに着崩したトレンチコートスタイル
images via Pinterest

肩掛けだとこなれ度アップ!

白シャツ+デニムのベーシックコーディネートも、肩にトレンチコートをひっかけるだけでこなれた雰囲気に見えますね。

image via SARAH SARNA
image via SARAH SARNA

トレンチのいろんな着こなし!

動画なのでわかりやすいです。着こなし方だけで印象が変わりますね。

おまけ

生まれた時からパリジェンヌ、ですね。とってもかわいい!ロールアップしたデニムにバレエシューズのバランス、完璧です。

image via hipparis.com
image via hipparis.com

 目次 


スポンサーサイト


✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts