Tシャツを徹底的に活用するコーディネート集。

小物でいくらでも雰囲気を変えられる白Tシャツ。ワードローブには欠かせないものですよね。今回はTシャツのスタイリングを16個考えました!(本当はもう少し考えたかったのですが、永遠に終わらなさそうでした……)簡単にトレンドっぽく見せるプラスワンアイテムは?というトピックから、白Tシャツ+デニムスカートだけでテイストを変えてスタイリング、ロゴTシャツのモードなスタイリングまで……。Tシャツさえあれば大抵のものはスタイリングできます!ボトムスや小物選びにご活用ください!
【過去記事】
✔︎脱マンネリ!白Tシャツコーディネートの着まわしを考える。

スポンサーサイト


白Tシャツ+デニムに今年ひとつプラスするなら?


左から:
①スリップドレス(キャミワンピ)
スリップがもともとランジェリー的なアイテムなので、カジュアルダウンするため足元にはスポーティーなサンダルを。
②バンダナ
大人のバンダナコーディネートは、ベルト、時計、靴など色味で統一感を持たせ、きっちり合わせると幼い印象になりません。
↑これらは、もう少しトレンド寄りにしていくなら、足元はロールアップしてレースアップシューズも素敵だと思います。
③ロングガウン
前をとめればワンピース、開けて羽織ればガウンという一石二鳥アイテム。Tシャツ+デニムというベーシックカジュアルな組み合わせの上に羽織るだけで今年風に。

Tシャツ+キャミソールワンピースの着こなし!


↑この方は透けているトップス+レザーのキャミワンピと、モード寄りですが……。
Tシャツとワンピースを重ねるコーディネートがじわじわきています。ワンピースでなくても、Tシャツ+キャミソールのような着こなしを目にすることが増えてきました。ちょっと90年代を思わせる着こなし。

バンダナ使い。


少し前からバンダナは出てきていますよね。首や手首に巻くだけでなく、バッグの持ち手に結びつけてもOK◎一枚でいつものコーディネートが今風になりますので、まだだったらぜひ取り入れてみてください。

ベーシックボトムのバリエーションで、白T着こなし。


左から:
①チノ
白+ベージュはぼやけがちなので、ブラウンの革小物やブラックのバンダナを手首に巻いて引き締め。チノパンツはオーセンティックに、ベーシックに着るのが一番かわいいと思います。
②カーゴ
どうしたってカジュアルになるボトムなので男の子っぽくまとめました。あえてヒールと合わせて……というスタイリングもありと言えばあり。その場合、ラインをきれいめに作ったカーゴを選ぶと着やすいです。
③白パンツ
白パンツを合わせたホワイトコーディネートは、作業着とかそっち系にならないよう、エッジの効いた小物を組み合わせてモードにしていくとスタイリングを組みやすいと思います。
【過去記事】
✔︎「いつもの服」の洗練度アップ!白パンツコーデ6つの着こなし術

↑足元は全部、ハズしにもエッジーにもなるKENZOのサンダル。(便利!)チノのコーデは、ベルト・バッグと色味を合わせたローファー系フラットシューズでもかわいいはずです。

チノパンツの着こなしを考える。

cp
左の方は何年か前のスナップだと思うのですが全く古びない、素敵なスタイリングです。右の方は、ゆるめのボトムスを甘めのブラウスに合わせてかわいらしく。ブラウスの丈が短めなのがバランス良いですね。

スポンサーサイト

同じ白Tシャツ+デニムスカートでテイストを変えてスタイリング。


形のきれいなタイトデザインのデニムスカートは、どんなテイストにも合わせられ、デニムパンツよりも女性らしくまとめられて便利なアイテム。
左から:
①ミントブルーのフラットシューズの色がかわいかったので、クラッチバッグ・ピアスも色を合わせ、フェミニンにまとめたコーディネート。ミントブルーの淡い発色を生かすため、ハットとベルトは白っぽく。
②ベルト・バッグ・サンダルを焦げ茶でまとめ、フリンジでボヘミアンテイストをプラス。チェックシャツを羽織りカジュアルにまとめたコーディネート。
③モードかつきれいめにデニムスカートでスタイリングすることに挑戦。黒の、デザイン性の高いアイテムで辛口に合わせ、ゴールドのプレートが印象的なピアスとバングルでポイントを。
【過去記事】
✔︎ベーシックの着こなしの幅をひろげるデニムスカート16のコーデ

トレンドボトムを白Tシャツにプラスしていく。


左から:
①ファニーな柄がかわいいガウチョ。ぺたんこサンダルを合わせ、もう、ゆるっと着るのが一番かわいいのかな、と思いました……。Tシャツ、インしてる風なのですが、インはせずゆるっとリラックスムードで着るのもいいかも。
②テラコッタのワイドパンツにはゴールドのアクセサリーを合わせ、ブラウンの小物で「土っぽく」合わせるか悩んだのですが、白Tが爽やかなので、黒の小物で引き締めました。ネイビーのトップスだったら、ブラウンの小物がかわいかったかな?
【過去記事】
✔︎2016S/Sトレンドキーワード定点観測△▼【テラコッタ】
③デニムのワイドパンツはかごやハットやコットンパールでパリジェンヌのガーリーカジュアル風に。イメージソースはジェーン・バーキン!
【過去記事】
✔︎デニムの6つの着こなし術で、あかぬけ大人カジュアルコーディネート

ロゴTは文字の雰囲気を生かしてスタイリング。


左から:
①ロゴT+デニムのカジュアルな組み合わせは、かちっとした黒のレザー小物で大人っぽく。眼鏡でハズし。
②ちょっとはじけたスタイリング……!Tシャツとバランスを取るため、そしてファッションに気合いが入りすぎてる風にならないように、足元はスニーカーでハズし。甘く着ないプリーツスカートが気分。
【過去記事】
✔︎2016年春のトレンドキーワードをゆるく追ってみました
③ロゴT+オールインワンで。足元はウェッジのサンダルでもいいかなと思いましたが、それだとちょっと甘くて。ロゴのブランドイメージを生かすため、あえてシルバーのサンダルでエッジを効かせました。

スポンサーサイト


✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts