今のスタイリングを新鮮にする色。

ノームコア全盛でベーシックカラーが主流だった昨今とは流れが変わってきて、すこしずつ色味や柄を見かけるようになってきたように思います。
【過去記事】
✔︎海外ファッションスナップから見る、2016年夏の注目はこれ!
⇒あえての大胆な柄物が新鮮!という記事です。
そんな今、ベーシックカラーとも相性がよく、新鮮な色と言えば?よく見かけるのがテラコッタ。実は、テラコッタともつながってオレンジ色も気になっています。おしゃれな人はもう取り入れてますね!まずは、どんな色?というイメージが伝わればいいなあと思います。

スポンサーサイト

テラコッタ〜オレンジ色が気になる!

よく目について気になるテラコッタカラー。くすんだオレンジ、朱赤っぽい色、ブラウンに近い色……いろいろな発色のニュアンスがあるけれど、「真っ赤」とは違う、アースカラーに近い色味が今の気分。「レンガ色」というのが一番伝わる名称なのかな?

もうすでにいろいろなアイテムが出てきているけど、これから秋冬にかけてはテラコッタ〜オレンジ色のアウターをちらほらと見かけます。

CLOさん(@c__l__o)が投稿した写真


今なら一番取り入れやすいのはボトムスかなと思います。
ベージュやホワイト、キャメルなどの色と合わせるのが今っぽい。

少し前だとこんな風に鮮やかな赤。

テラコッタと言われてもピンと来ないかたもいるかもしれないけど。
これら↓のスナップがだいたい2014年頃。鮮やかな赤のコートで、とても素敵だし好きなコーディネートなのだけど、「テラコッタ」とはニュアンスが違うのが伝わりますでしょうか?

image via CITIZEN COUTURE
image via CITIZEN COUTURE

image via Bloglovin'
image via Bloglovin’

スポンサーサイト

image via SALAD DAYS
image via SALAD DAYS

テラコッタはちょっと「土っぽさ」を感じるけど、真っ赤はもっとクリーン。テラコッタはベージュやブラウンとのコーディネートで、ポイントにはなるけれどもっと馴染む色。真っ赤は差し色として強い色。色味が落ち着いているぶん、テラコッタの方が大人っぽい印象かもしれない。

こちらもおそらく2014年頃のスナップ。ビビッドな赤のボトムスがきれいで、目を引きます。このスタイリングもとっても素敵だけど、今の気分はもっとオレンジっぽい、ブラウンがかった色なんです!伝わるかしら?

image via Pinterest
image via Pinterest

ブラウン味が強いけれど、「テラコッタ」と言えばこんな発色がどんぴしゃかも。

image via They All Hate Us
image via They All Hate Us

鮮やかな色をコーディネートの差し色にする着こなしはよくあるけれど、テラコッタのようなくすんだ色をポイントにするのは新鮮。「土っぽさ」のある色だからこそ、スタイリングはあくまでもクリーンに、シンプルにしたいところです。

メイクだって赤みのある色。

去年の秋冬くらいから、赤みの強いブラウンのアイシャドーが出てきたように思います(CHANELの限定色あたりで、柿みたいな色)。服もメイクもそういう色味が気になってしょうがありません。

image via small girl blogging
image via small girl blogging

くすんだレッドのリップ。質感は、やっぱりマットが新鮮!素肌っぽいベースメイクにはっきりした発色のリップを合わせる感じがモード。

CLOさん(@c__l__o)が投稿した写真

今、Instagramで「#テラコッタ」で調べたところ、もっとブラウンっぽい色味のお洋服のスタイリングをされているかたが多いかも!でも秋冬にかけてはもっとオレンジ味が強い色が気になる、のです。この微妙なくすみカラー、「テラコッタ」と一口にいってもいろいろな発色があるけれど……やっぱり新鮮で気になります。

スポンサーサイト


✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts