「何気なさ」を味方にする。

普通なはずなのに、なぜかおしゃれ、そういう人ってとても存在感がありますよね。そういう方は「何気なさ」を計算して演出しているように感じます。例えば有名なところでいうと、パリジェンヌの無造作ヘアだったり。
洋服の着こなしでいうと、「サイズ選び」がかなり重要なのではないかなと思いました。おしゃれな人はどんなサイズをどんな風に着ているのか?自分に応用するには研究も必要ですが、まず見てみましょう!
【過去記事】
✔︎パリジェンヌの着こなしとシックなライフスタイルのための10ポイント

スポンサーサイト

Tシャツ+デニムはサイズ感がかんじん!

Miroslava Dumaの白T+デニム姿のスナップ。
ラフな印象のある、上下ともゆるめのサイズ感だけれど、決して大きすぎたりだらしなくなるようなデザインではないのがさすがです。(デニムが伸びて膝が出てたりするとだらしないかも。)ラフだけどこなれた印象。カジュアルになりすぎないよう、レザーバッグを合わせたのも良いですね!
【過去記事】
✔︎脱マンネリ!白Tシャツコーディネートの着まわしを考える。
✔︎デニムの6つの着こなし術で、あかぬけ大人カジュアルコーディネート
✔︎ビルケンシュトックをシンプル&クリーンに履きこなす5つのわざ

image via Bloglovin'
image via Bloglovin’

Miroslava Dumaですが普段は結構かっちり、きれいな着こなしが多いように思います。こちらは、ベージュ〜ブラウンのグラデーションで合わせたワントーンコーディネート。色味の合わせが絶妙です!
【過去記事】
✔︎キャメル色を味方につけてベーシックを極める5つのコーデ術

こちらはコート+Gジャン+タートルの着こなしですね。インナーのタートルとスニーカーに白を持ってきて、丈の長いコートを重たい印象にならないように見せていますね。
【過去記事】
✔︎2016S/Sトレンドキーワード定点観測△▼【デニム】 -同じくコート+Gジャン+タートルのコーディネートあり!

白シャツはゆるめサイズを選んで!

白シャツ+デニムのベーシックコーディネート、今着るならシャツは少しゆるめのものを。ベルト代わりに巻いたスカーフがポイントになっていますね!シャツもデニムもすこしゆるめでも、かっちりとしたクロコダイルのバッグとパンプスを合わせてきれいめな印象を残して。
【過去記事】
✔︎【シンプルライフ】少ない服の数でもおしゃれなベーシックの着こなし〜白シャツ編

image via Bloglovin'
image via Bloglovin’

スポンサーサイト

ボーダーは柄を主役に!

コーディネートにうまくはまればそれだけで可愛いボーダーは、シンプルファッションの強い味方ですよね。ボーダーを主役にして、ボーダーを引き立てるためにコーディネートを組むとおしゃれです!

白と黒のボーダーに黒のスキニーパンツというシンプルなコーディネート。コートや靴、バッグなど全部モノトーンで揃えられて、ボーダー柄に目がいきます。これだけだとシンプルすぎるので、赤のスカーフを巻いたのがポイントになって可愛いですね!
【過去記事】
✔︎ボーダーの8つの着こなし術で、毎日のベーシック服もおしゃれに
✔︎2016年春のトレンドキーワードをゆるく追ってみました -スカーフ使いについて少しご紹介。

image via streetstyle aesthetic
image via streetstyle aesthetic

すこしオーバーサイズ気味のSAINT JAMESのボーダーに、スキニーデニムですっきりと。ラフにまくった袖が可愛いです。上下ブルー系のカラーで合わせ、まとめ髪ですっきり、さっぱりと着こなしたのも素敵。こういう「何気なさ」が絵になるのはボーダーならではです。

シンプルコーディネートの強い味方はあのスニーカー。

オールブラックのモデルの普段着コーディネート。ここに合わせたアディダスのスーパースターでカジュアルダウン。「何気なさ」が生まれますよね。(これでヒールだときまっている感じに!)3本線デザインのベーシック感が良いですよね。
【過去記事】
スニーカーはこれがあれば大丈夫!adidasスーパースターの16コーデ

image via Bloglovin'
image via Bloglovin’

大人のシンプルカジュアルはぴたぴたすぎず。

大人は若い子のようにぴたぴたしたサイズを選ぶよりも、自分の体型にあった、ゆとりをもったサイズ選びが素敵です!そこでゆるゆるだらしない印象にならないようにするためには、
・トップスを長すぎないものにして、目線を上に、コンパクトに。
・パンツは、腰回りに関してはサイズを大きくしないように。
・長めのトップスを合わせる時は、ちょっとタックインするなど。
・バッグなどの小物には気を抜かない。
ゆるさはあっても、どこかにきれいめな印象を残すと素敵です!


スポンサーサイト


✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts