すっきり安眠。明日のエネルギーをつくる、おしゃれなベッドルームインテリア。

無駄なものがたくさんある寝室で睡眠をとって、「何だか疲れたな」「眠りが足りないな」なんて思っていませんか?もしかしたら、「ごちゃごちゃした感じ」が無意識的にストレスになって、ゆっくりと休むことができていないのかもしれません。今回は、モノトーンを基調としてすっきりとした寝室と、そのポイントをまとめました。すっきりとした空間ですっきりと眠って、また明日も1日頑張りましょう!

スポンサーサイト


1.ホワイト分量90%以上で明るく、清潔感のあるベッドルーム。

ベッドルームと言えば白!白いリネンをふんだんに使ったベッドルームに憧れない人はいないのでは?光を反射するので、明るく、朝の目覚めもすっきりしそうです。また、清潔感もありますね。△ただし白い分、まめなお洗濯など、それなりのケアは必要になってきますね。

✔︎ベッドリネンはもちろん、アートフレームも白、プロジェクター?も白、とかなり徹底して白98%くらいの空間です。余計な色・柄がないので眠るときも頭をからっぽにして眠ることができそうですね。
bed1

✔︎眠りのためにあるような、贅沢な空間です。ベッドの上にかけられたムートンが、くつろげそうなあたたかさを演出しているのと、飾られたグリーンがナチュラルさをプラスして、白が多いけれど寒々しい印象にはなっていません。
bed2

✔︎色使いも置いてあるものも、ものすごくミニマルな空間。すごい。ミニマリストの間ではベッドも要らないそうですが、睡眠を大切にしたいミニマリストの方は、こんな寝室を目指してみてはいかがでしょうか?
bed3

2.ベッドサイドにはくつろぎのアイテム。

ベッドサイドにはリラックスアイテムがあると良いですね。例えば観葉植物、お花、キャンドル。大好きなものだったら、香水、ルームスプレー、などなど。身体を休めるための空間ですから、自分が一番リラックスできるものを、すぐ目につくところに置いてみましょう。※火の取り扱いには注意!

✔︎白を基調にしたベッドルームですが、ベッドサイドテーブルの木目とグリーン、キャンドルの炎など温かみのあるアイテムがプラスされ、リラックス感がただよう寝室です。
bed4

3.ホワイトの空間にブラックを少しプラスでアクセントに。

白がメインの空間に、黒をアクセントに効かせると少しシャープに。白の清潔感はキープしつつおしゃれな印象になりますね。

✔︎白の分量は多いですが、アートフレームの黒、照明のデザインなどの直線的なアイテムがピリッと効いた空間です。
bed6

✔︎アートフレームとラック、そしてムートンもブラウンっぽいカラーなので、白の分量はかなり多いはずなのに、大人っぽく落ち着いた印象があります。そしてこの空間にイエローのランプシェードというハイセンス!
bed8

✔︎ランプシェードとベッドサイドテーブルがブラック。木目の印象も強いですが、大人のシンプルモダンなベッドルームに仕上がっています。
bed7

4.楽しい柄使いもモノトーンで合わせればすっきり。

柄を使うとより空間の印象が賑やかになり、個性が出てきます。ただ、色味をモノトーンでまとめると、個性は出つつもすっきり感はそのままキープ。人とは違う個性を求める方におすすめのテクニックです。

✔︎柄使いが可愛らしいからでしょうか、白黒の空間なのにガーリーな印象すら漂います。素敵ですね。ベッドリネンだけではなく、ベッドサイドのはしごにクロス柄をかけているあたりが心憎いです。
bed9

✔︎グレーのグラデーションで合わされた枕とシーツ類が大人の印象。そこにジグザグ柄のベッドカバーですが、モノトーンなのでまとまりつつ、空間にアクセントを生み出しています。
bed10

✔︎グリッド柄のベッドカバー!淡いグレーの枕カバーがさりげなく組み合わされているところが素敵です。白の印象が強い空間なので、グリーンがよく映え、生き生きとして見えます。
bed13

5.アートな壁使いで睡眠中も感性を磨く。

アーティスティックな感性の方におすすめです。常に作品のインスピレーションを求める方へ……。アートを大胆に配置しても、色味を抑えるとがちゃがちゃしすぎませんので睡眠の邪魔もしないはずです。

✔︎壁に直接貼ったポスターと、アートフレームに入れたポスターの重ね技、本の積み重ね方、キルティングのベッドカバー……さまざまなデザインのテイスト、さまざまな素材感をモノトーンの色味でうまくミックスしているように見えます。おしゃれ!
bed11

✔︎リネン類はブルーがかったグレーだったり、アート類は黄味がかったホワイトだったり、と微妙な色味の揺れというか、はずしつつまとめている感じというか。モノトーンと言えばモノトーンだけれど、ものすごく絶妙な色使い……みたいな。完全に達人技です。
bed12

6.ブラック/グレーの分量を増やせばメンズライクに。

辛口インテリアがお好みの方、夫婦の寝室の方、または少数派?男性読者の方におすすめの色使いです。グレーや黒を目立つように配置すると、ぐっと落ち着いた大人のモダンインテリアになりますね。

✔︎分量で言うと白が多いけれど、壁、ブランケット、枕、ラグなどの小物類がグレーで、落ち着いた印象を出しています。
bed14

✔︎グレーのベッドに、直線的な小物使いがクールな印象。
Processed with VSCOcam with a5 preset

✔︎グレー、ブラックというよりはネイビーだけれど、アートな小物使い含め、大人の寝室。
bed16

スポンサーサイト


✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts