スポンサーサイト

ヘアメイクはゆるく、でも手を抜かない。

ゆるくウエーブがかかった髪型か、まとめてアップスタイル。
メイクは、ファンデーションなど塗りたくらずに素肌感を出しつつ、でも赤いリップ。
きめすぎないけど、だらしないわけでは決してない。
「パリジェンヌの着こなし」が普通なのに素敵に見えるのは、こんなヘアメイクのバランスが絶妙なのも大きいはず!
「シンプル」でもニュアンスのある雰囲気に、「カジュアル」でも女らしく、「ガーリー」でもぶりっこにならない。

IMG_5454

パリジェンヌといえば、あの無造作でルーズな髪型を思い浮かべる人も多いはず。完璧にセットされていることはまずなく、しっかりとブラッシングされていることも珍しい。あのふんわりとした、軽くウェーブがかかったような髪型は、パリジェンヌが年齢とともに作り上げてきたもの。じつは、計算された”くしゃくしゃ感”なのです。(中略)
髪はドライヤーでは乾かさない(ドライヤーなんて捨ててしまってもいいくらい)。夏は自然乾燥、冬はタオルドライというエコな方法で。朝、髪が濡れたまま家を飛び出さなくていいよう、前夜のうちに洗っておくのがベター。
パリジェンヌのつくりかた」より

赤いリップが定番だから、帽子など赤をポイントカラーにすることも多い。ボーダーにも白レースにも、黒やネイビーにもぴったりな色!
IMG_5476

重さを残したレトロなパリジェンヌ風ボブパリジェンヌの髪型のひみつ。シンプル服をおしゃれに。
シンプルなのにこなれて見える!パリジェンヌのヘアスタイル。パリジェンヌと言えば、シンプルな定番服をおしゃれに着こなすことで有名ですが、その秘密は「ヘアスタイ...

毎日の小さなできごとも楽しむ。

パンは近所のパン屋さんで焼きたてを買ったり、一人の時間もカフェで過ごしたり。
毎日の生活も何気ない隙間時間も、どうせなら自分の好きなように最大限楽しむ。
IMG_5472

スポンサーサイト

カフェでのおしゃべりがエネルギー。

うわさ話や情報交換、そしてクロワッサンとコーヒー。
カフェで過ごす時間が生活の一部に。
IMG_5453

「教養」もファッションの一部。

「教養」だなんて、そういう言葉は使わないかもしれない。
「スノッブなのよ」、って自嘲気味に言うか、そもそも、そんなことは気にしないかもしれない。
まあそんなことはどうあれ、内面を磨くことも外見に手を抜かないのと同じくらいに重要視している。
一人の時間の過ごしかたを知っている。
IMG_5455

パリジェンヌは何か大きな壁にブチ当たると、ある「シモーヌ」のことを思い出す。シモーヌ・ヴェイユ、シモーヌ・ド・ボーヴォワール、シモーヌ・シニョレのうちの誰かだ。誰に最も共感するか、はっきりと分かれるのも面白い。共感するシモーヌが違っても、つき合いはするし、会話もするし、お互いを好きだったりもする。でもどこかで、「あの人とは出自が違う」と感じていて、秘密の絆を持っている相手のほうがいいと思っている。といっても、同類であることには変わりないし、互いにライバル視しているわけではなく、「スノッブさ」という共通点でつながっている。
パリジェンヌのつくりかた」より

時にはドラマティックな着こなしもいとわない。

時には大胆なくらいにドラマティックな着こなしだって、とことん楽しむ。そういうイメージ!
街並みそれ自体も素敵だけれど、主役は自分だって知っている。
もしくはそんな風に自信を持って人生を楽しまなくちゃ損!と思っている。
IMG_5473

インパクトのある柄物も、「引き算」でシックに。

柄物も「自分に似合う」と知っているなら、ためらわずに取り入れるイメージです。
しかしアニマル柄のコートに派手なビビッドピンクのワンピースに……とかいう着こなしはあまりイメージできません。
インパクトのあるアイテムを主役にしたら、あくまでもそれ以外はシンプルに。「主役」以外は引き算、引き算、引き算。
それがいちばん良くインパクトのあるアイテムを引き立てると知っているし、ひいてはそれが自分を良く見せると知っている。
IMG_5479

「大人の女性」がかっこいい。

日本にもかっこいい大人の女性はいるかもしれないけれど、まだまだ少数派だと思います。
主流派は、むりやり若者と同じファッションやメイクをするか、開き直って「おばさん」になってしまうかどちらかなのではないでしょうか?
内面を磨きつづけてきたり、自分と向き合いつづけてきたという「自信」は個性だし、比較されるものではないし、ましてや誰かに勝ったり負けたりするようなものでもない。
だから自信に満ち溢れつつ、それは人を陥れるような不自然なものではなくて、自然体でいられるのではないかと思います。
こういう大人の女性の背中を見て齢を重ねたい!と思うし、同時に、こういう大人の女性を目指したい。
IMG_5467

パリジェンヌは、自分を必要以上に作り込もうとはしない。「ありのまま以上になれる」なんて思ってもいない。若くなりたいと願う暇があったら、自分を「一番良いバージョン」に更新すればいい。外見だけでなく、もちろん中身も。年齢とは関係なく。
「いまの顔を、うまく利用して楽しむべき。でないと10年後、後悔するよ」パリジェンヌの頭には、いつもそんな指令が出されている。
パリジェンヌのつくりかた」より

おすすめ。

以上、生粋の日本人の私が完全な憧れからパリジェンヌの素敵さを考えてきました。
でも結局「憧れフィルター」がかかっているよね、と思う方におすすめなのがこちらの本。
生粋のパリジェンヌが、パリジェンヌを徹底的に解説した本です!
すごくリアリティがあります。そのまま日本にいたらキツイかも、笑。
でもやっぱり、自由に生きてて、素敵だなあと思う。好き!

 目次 


スポンサーサイト

✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts