もっとおしゃれに。毎日を心地よくするインテリア

まだまだ人気のモノトーンインテリア。そんなモノトーンインテリアを、もっとおしゃれに見せるにはどうしたらいいのでしょう?デザイナーズ家具を揃えるのもいいですが、もっと工夫できることがあるかもしれません。nemuru hitujiコントリビューターの意見を聞きながらいくつかのアイディアをまとめてみました。できる限りお金は使わず、センスアップできるといいですね!

スポンサーサイト


モノトーンだけでは物足りないときには、アクセントをプラスする。

チェアやソファ、いすなどバラバラに買ったものやデザインの系統がバラバラであっても、インテリアの色をモノトーンで統一すると見た目もスッキリしますし、それだけでまるで写真の世界のようなクールな空間に、一気にランクアップさせることができますよ。キャンドルや観葉植物も配置すると温かい雰囲気もプラスされます。


木目と白を基調としたごくシンプルな空間に、観葉植物がアクセントとなって自然を感じさせます。また、それだけだと寒々しい(すっきりしすぎる)のでファーが使われています。色はモノトーンカラーで統一しても、素材はさまざまなものを合わせるようにして配置すると、のっぺりとした印象にならず生き生きとした空間に仕上げることができます。
【こちらの記事もおすすめ】
✔︎インスピレーションに!大胆な植物使いのインテリアアイディア9つ
植物を飾るときの参考にどうぞ!

モノトーンで揃えると、どこか無機質な空間になりますよね。それはそれで素敵なのですが、ワンポイントとして逆に木製のモービルやテーブルなど、自然の温かみを感じるものをアクセントとしてプラスしてみたり、色々なモノトーン柄のクッションを配置するとそれだけでランクアップした空間になりますよ。


モノトーンをベースに、あえて赤い椅子や色味のある雑貨をプラスした上級者インテリア。
ポイントはほんの少し青みが感じられる淡いグレーの壁。強い色の赤を白い壁の部屋に合わせると、コントラストが強すぎてポップな印象になってしまいますが、グレーの壁だったらシックにまとまり、なおかつお部屋のアクセントとして引き立ちますね。また、テーブルなどに木の素材を合わせているので、自然の温かみが加わって、雑貨の色味をうまくまとめてくれます。
【こちらの記事もおすすめ】
✔︎グレートーンでくつろぎの北欧モダンのお部屋
グレーをうまく使い、無機質になりがちなモノトーンインテリアを柔らかい印象でまとめている例です。

「部屋をすっきりさせる」ことも、モノトーンインテリアには欠かせないコツ。

モノトーンの家具をお部屋に加えるだけではなく、ランクアップさせるには少しコツが要ります。まずお部屋の中にものがたくさんないか、見回してみましょう。うまくディスプレイがいかない人はきっと物がたくさんあるはずです。必要なもの以外は別のところに持って行ってしまうか、簡単に片づけてしまうとシンプルなフォルムのものが多いモノトーンインテリアが映えるようになります。


意外と見落としがちなモノトーンインテリアの基本。
それは「物が少ない」ことだったりします。確かに、華奢なラインで作られたシンプルな家具が多いので、物が多いとその中に埋没してしまい、せっかくのデザインを活かすことができないですね。極力、無駄な物を省き、空間に余白をあけてメリハリをつけるというのがコツですね。


スポンサーサイト

モノトーンインテリアで心がけたいのが埃への対策です。モノトーンの中でも黒や濃茶色は埃が目立ちやすいです。白や明るい色は埃が目立ちにくいですが、汚れは目立ちやすくなります。モノトーンのインテリアは、埃や汚れを目立たなく仕上げるのがポイントです。簡単に清掃しやすいようにディスプレイしておくと便利です。


モノトーンインテリアに限らず、清潔感はおしゃれなインテリアにとって必要不可欠ですよね。白・黒だけでインテリアをまとめ、家具のデザインもシンプルモダンなので、埃は目立ちやすいかもしれません。そして物が多いと掃除も一手間となってしまい、どこか垢抜けないインテリアになってしまう、ということは十分ありえますね。掃除がしやすいように物を置きすぎない、というのも気をつけたいところです。

【こちらの記事もおすすめ】
✔︎物の定位置を決める。トレイ×「見せる収納」のスタイリング技
こまかい雑貨類はトレイでひとまとめにしてディスプレイするのもひとつのワザ!

陰影もインテリアの一部に。

写真立てや雑貨を飾るときは、間接照明を取り入れると良いでしょう。間接照明は明るさの調整だけでなく、照明の方向によって変化する陰影にも注目します。陰影は立体感を生み出せるので、間接照明を効果的に活用すると、広がりを感じさせる空間に仕上がります。実際の面積よりも広く見せたいときにも役立ちます。


雑貨をたくさん置くのではなく、陰影をインテリアの一部として考えるのは上級者テクニックですね。事実、北欧は日照時間が短いので、「明かり」をとても大事にしている印象がありますし、キャンドルをごく自然に、日常的に灯すので、さまざまな北欧ブランドはキャンドルホルダーを出していますよね。日本ではキャンドルは「特別なもの」という認識が強いと思いますが、「明かりのある暮らし」を見直してみるのも良いかもしれません。
【こちらの記事もおすすめ】
✔︎白黒モダンのお部屋にまなぶ、印象的な照明の選びかた

まとめ。

・物は極力少なく。余白を持たせることを心がけて。
・清潔感はもちろん基本。掃除のしやすさは忘れずに。
・さみしいときには素材でアクセントをつける。
・または観葉植物やキャンドルもよいアクセントに。
・それでも物足りないときは、明かりを見直してみて。
色を使わないことで、すっきりとした印象が魅力のモノトーンインテリアですが、さみしいからとついいろいろな物を置いてしまいがち。引き算をしていくことでよりランクアップした印象に見せることができそうです。

スポンサーサイト


✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts