デニムみたいに合わせやすいけど、デニムとはまた違った印象にしてくれるデニムスカート!

デニムは合わせやすいですが、いつも履いているとコーディネートがマンネリ化してきませんか?
それに、ちょっとカジュアルすぎるかも……という気分のときもありますよね。
そんな時のために、ワードローブにデニムスカートが1枚あると便利です。
大人カジュアルなら膝丈
デニム素材だからデニムの感覚でコーディネートできるのに、スカートだから女性らしい。

動きやすいのはデニムパンツですが、いざという時おしゃれしやすいのはデニムスカート、というイメージです。
さっそくコーディネートのバリエーションを見てみましょう。

スポンサーサイト



All original images via Pinterest

トップスはコンパクトに、すっきりがお約束。

だらっとした印象にならないように、トップスはコンパクトなものを選ぶか、タックインしてすっきりさせるのが鉄則です。
スカートなのでデニムパンツより、タックインもしやすいはず。

左: ふんわりとしたブラウスのような白いトップスですが、裾をちょっとだけタックインしてふんわり感は残しつつ、丈はスカートにかからないようにすっきり。
右: ぴったりめの白Tシャツの裾はタックインして。スカートのラインがきれいに見えて、女性らしさアップ。
IMG_5486

左: Aラインのデニムスカートに、トップスはコンパクトなデザイン。ウエストが強調されるから、デニムスカートだけれどクラシカルな雰囲気に。
右: 70’sを思わせるフロントボタンのAラインのデニムスカートに、レトロなライン入りタートルネック。ニットでもタックインして、とにかくトップスをすっきり見せるのが正解。
IMG_5485

もちろんボーダーとの相性もばっちり。

もちろんデニム素材だから、ボーダーとの相性はばっちり。
デニムスカートの形によって、印象が少し変わってきます。

左:フロントボタンのタイトスカートのデザイン。少し辛口でシャープなイメージですね。
そんなイメージを生かすように、シャープなサンダル、黒のショルダー、エッジの効いた小物使い。
ボーダー+デニムスカートのカジュアルな組み合わせでも、小物まで気をくばることでモードな雰囲気。
右: タックの入ったふわりとした雰囲気のスカート。大人のガーリーなイメージです。
そんなイメージを生かす、ころりとしたブラウンのレザーバッグ、ナチュラルなウェッジソールのサンダル。
同じ「デニム」素材でも、形と小物使いで雰囲気が変わってきます。
IMG_5483

シャツを合わせればきれいめカジュアルに。

カジュアルがお得意のデニム素材ですが、シャツを合わせることだってできます。
もちろん、シャツもタックインですっきりとコーディネート。

左: オープンカラーのシャツに、タイトなスカート。
靴やクラッチなどモードなデザインで、迫力がありますが、スカートがデニム素材だから「はずし」になって程よくきれいめカジュアル。
右: こちらの方は親近感が湧くような着こなし。ブルーのシャツ+デニムスカートというブルーのワントーンコーディネートですが、ベルトでポイントをつくって。
IMG_5481

スポンサーサイト

ダンガリーシャツと合わせてデニムonデニム風。

ダンガリーシャツ+デニムスカートは上級者編ですが、本当のデニムonデニムよりは挑戦しやすいはず。

左: シャツの襟の空き具合やスリットがセクシーなオリヴィア・パレルモ。
ただし、デニム素材だから、いやらしくなりません。
シンプルな組み合わせだから、エッジの効いた小物を合わせて。
右: ぐっとナチュラルな印象のダンガリー+デニムスカートスタイル。
首元・手首・足首をすっきり見せて、すっきり女性らしさをプラス。コーディネートが重くなりません。
IMG_5480

トップスすっきりのルールならアウタースタイルも間違いない。

アウターに合わせるときも、「トップスはすっきり」のルールは鉄則です!

左: インナーがニットだけれど、スカートにタックイン。
目線が上に上がってすっきり見えるから、+長めコートも難なくクリア。
右: インナーの白Tシャツはスカートにインして、スカートはウエストをベルトでマーク。
やや長めのレザー+フレアスカートというちょっとバランスが取りづらい組み合わせだけれど、インナーのトップスをすっきり見せているから気にならない。
IMG_5484

ベーシックカラーだけじゃない、ふところの広さ。

更にコーディネートに遊び心をプラスできるのが、デニムスカートの良いところ。

どちらもJ.Crewのコーディネート。
左: きれいなイエローのジャケットが目を引きます!
イエロー以外は色味を抑え、ヘアスタイルもすっきりとまとめて、あくまでもイエローを主役にして引き立てて。
右: 淡いブルーを合わせたワントーンコーディネートも、デニムなら抵抗感なくスタイリングできる。
サンダルとスカーフにギンガムチェックを合わせ、ベーシックコーディネートに遊びを。
IMG_5465

長めのタイトスカート型なら、モードスタイルに。

ベーシックな印象のあるデニムスカートだけれど、形によってはぐっとモードな印象に。
上級者の方はチャレンジしてみてください。

左: きれいなシルエットのロングスカートに、コンパクトなボーダートップス。
赤いリボンのサンダルが映えていますね。さりげなくマリン風スタイル。
右: スカートのフロントボタンを開けて、深いスリットが入っているように履けばたちまちモードスタイル。
IMG_5482

 目次 


スポンサーサイト


✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts