インダストリアルインテリアでクリスマスのデコレーションは可能か?

クリスマスのデコレーションと言えば、一般的にキラキラしたイメージが強いですよね。
メンズライクなインテリアには一見合わなさそうに思えますが、海外サイトから、素晴らしいインスピレーションが見つかりましたのでご紹介します。先日の記事『インテリアからクリスマスを楽しむための3tips』でもご紹介したように、星のモチーフやキャンドルがポイントになっています。加えて、ヴィンテージ感のあるライトを合わせることで、雰囲気を壊すことなくクリスマスのインテリアを作ることができるようです。

スポンサーサイト



✔︎何とも、インパクトの強いGOOD VIBEの文字がかっこいいです。ツリーにはオーナメントなしの潔さも素敵。天井に吊るされたスターモチーフと、ムートンラグの白がインダストリアルな空間に映えています。
image viavtwonen
image viavtwonen


✔︎落ち着いた色味でも、そっと添えられた小枝がクリスマスムードを高めます。
image viavtwonen
image viavtwonen


✔︎あくまでも日常の延長でクリスマスを迎えるという感じ。ゴールドとシルバーのメタリックな質感がポイント。
image viavtwonen
image viavtwonen


✔︎強いて言うならベッドサイドのキャンドル、吊り下げられたネックレスのようなオブジェ?、鹿の角のようなオブジェがクリスマス的。
image viavtwonen
image viavtwonen


✔︎この空間に星モチーフライトの意外性。意外だからこそ目を惹きつける。
image viavtwonen
image viavtwonen


✔︎壁にそっと添えられた星モチーフと、ハンティングトロフィーに帽子を引っ掛ける茶目っけ……
image viavtwonen
image viavtwonen


✔︎バススペースには星モチーフのライトとキャンドルで、パーティーの後の時間をゆったりと過ごす。
image viavtwonen
image viavtwonen

なかなか日本の住宅事情では全てのアイディアを取り入れることは難しいですが、ポイントさえ押さえれば、いつものインテリアの雰囲気を壊すことなくクリスマスの飾りつけを取り入れることが出来るということがわかりました。星モチーフを取り入れた飾りつけは是非やってみたいです!そして、あえてキラキラに飾りつけないからこその厳かさ。まるで映画のワンシーンのようですね。

クリスマスの関連記事


 目次 
スポンサーサイト

Related Posts