注目カラーはグレー!

インテリアでもグレーが気になるこの頃ですが、ファッションでもグレーが気になります。
オールホワイトやブラック、デニムonデニムなど、同じ色のトーンでコーディネートをまとめるのが、もはやひとつの定番テクニック化?しつつありますが、今目につくのはグレーのワントーンコーディネート。
とはいえ、白や黒と違い、色のトーンを揃えたり、印象がぼやけないようにするため、少し上級者感のあるコーディネートというのも否定できないと思います。
でも誰しもがきっと1着は持っているグレーのトップスやボトムスやアウター、「新鮮に着たい!」という欲求もあるのではないでしょうか。
ファッション上級者がどんな風にグレーのワントーンコーディネートをしているのか、実際に着こなしを見てみましょう。

スポンサーサイト



All image via Pinterest

セットアップ、ジャンプスーツなら取り入れやすい。

まずは、「こういうもの」として取り入れやすいセットアップやジャンプスーツ(つなぎ)。
ヘアアレンジや小物使いにも注目です。

両方、靴がadidasのスーパースターですね〜!
【参照】☞スニーカーはこれがあれば大丈夫!adidasスーパースターの16コーデ
左: ニット素材でもったりしそうなセットアップだけれど、靴もバッグも白で統一。グレー×ホワイトでクリーンな色使いに。
右: クラッチは黒でコーディネートを引き締めて。足元はスニーカーではずしとリラックス感をプラス。
IMG_5403
左: こちらも、クラッチバッグとパンプスが白で統一されています。明るめの色使いと肩のラインで切りそろえられたヘアスタイルがシャープな印象。雰囲気を崩さない細い黒ベルトでメリハリをつけて。
右: 黒髪のベリーショートヘアがかっこいい。更にロールアップした袖から見えるインナーとサンダルを黒で統一。ぼやけた印象は一切ありません。差し色の赤も印象的に。
IMG_5398

白や黒を入れると抵抗感軽減。

グレーだけでコーディネートするのにはやっぱり抵抗があるという方は、ワンアイテム白か黒を取り入れるのはいかがでしょうか。モノトーンなので合いますし、ぐっと挑戦しやすくなります。

コーディネートに抜け感をだしてすっきりさせるなら白。
左: グレーTシャツにパンツというスタイルに、白ジャケットをプラス。すっきりと大人っぽい印象に。
右: グレーのざっくりカーディガンに、グレーのパンツ。インナーは白で、ゆるめだけれどすっきり着こなし。
IMG_5401
コーディネートを引き締めてメリハリをつけるなら黒。
左: グレーTシャツ、ロングスカートというコーディネートに、それ以外は黒で統一。シックな大人のカジュアルという雰囲気に。
右: グレーのアウター、グレーのニットに、ボトムは黒。やや違った発色のグレー同士ですが、黒を合わせればグレーの組み合わせもまとまりますね。
IMG_5404

スポンサーサイト

オリヴィア・パレルモはインナーから差し色をポイントに。

グレーはもちろん、白や黒としか合わせられないわけではありません。
鮮やかなカラーも合わせやすい色なんです。

左: アウターのインナーに鮮やかなブルーのタートルで差し色に。靴までグレーだけれどメリハリがつく。
右: 袖からオレンジ!すっきり見せつつ、地味にはならない。
IMG_5397

素材感に差をつければ同じトーンの色でまとめて。

徐々に上級者編です!
同じ色のトーンでまとめる場合、素材感に差をつけていくとまとめやすいです。
例えば、ニットなどの光沢感がないマットな素材には、つるっとしたシルク……など。

左: ニット+軽やかなプリーツスカートで素材感に差を。小物はベージュでまとめたのも◎女性らしいワントーン。
右: グレーのアウター+パンツはウールっぽい素材感。インナーはつるりとしたカットソー素材。首元や足首を見せているのでそこでもすっきり感プラス。
IMG_5400
左: この方は、ニット+ウールっぽいスカートで、素材感はそんなに違わないんだけど……。ジャストサイズできれいに合わせたサイズ感と、すっきり肌見せが功を奏していますね。すっきり感を強調するため、ニットもスカートにタックインで、バランスよく。
右: ニット+カットソー素材のスカート。黒の小物をポイントにすると間違いない。斜めがけにして、コーディネートの一部に取り入れて。
IMG_5402

マットなウール素材は濃淡でグラデーションをつけて。

似たような素材感の組み合わせでも肌見せをすることで、もっさりさせない例を見ましたが、パンツスタイルなどで肌見せしづらい場合。グレーの濃淡でグラデーションをつけていきましょう。グレーの色味を見極めないといけないのでハイレベルなスタイリングです。

左: ライトグレーのニットから、スカート、ニットのレギンス?まで、少しずつ上から下にいくにつれ色が濃くなっています。そこに、ちょっとブルーがかったような、性格の違うグレーのニットを腰に巻いてポイントにするという技術!ハイレベルです。でもグレーだからこそできるスタイリングでもありますよね。
右: 明るめのグレーのコート、パンツにインナーはチャコールグレーのニットで、コートの袖からもチラ見せでポイントに。バッグは白と黒のツートーンカラーで、抜け感+引き締め。
IMG_5399

スポンサーサイト


✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts