グリーンとともに暮らす。

観葉植物を部屋に置くのは人気があるインテリアですが、配置だったり、飾り方だったり、鉢だったり。そもそもどれくらいの大きさの植物を選ぶかだったり、いろいろやってみると悩むことも多いですよね。今回は植物をインテリアに取り入れることについて、お部屋の実例などをまとめてみました。植物が主役というような空間ばかりです。

スポンサーサイト


グリーンのあるインテリアいろいろ。

1.ナチュラルでモダンな空間の主役に!

木目の家具がナチュラルな印象のインテリアに、グリーンはとても相性が良いですよね。

上: さまざまな種類の植物、さまざまな大きさと色の鉢をミックス。柄の入った鉢は目立つところに配置。たくさん並べて置いているところの鉢は、ごちゃごちゃしすぎないようにシンプルな物を。ベーシックな印象の家具だけれど、グリーンで空間に動きがつきます。
下: 開放的な空間、大きな窓にグリーンを吊るして。長さは動きがつくようにバランス良く。吊るしたロープもインテリアの一部に。

左: 鉢のデザインは、共通するテイストのものを近くにまとめて、色・柄が喧嘩しないように。デザイン性の高い鉢は、うまくまとめれば空間を彩るオブジェに。
右: 棚には物を置きすぎず、余白を残すことですっきり。目を引く植物をジグザグに置いて、目線に動きをつけることでなにげないデスク周りも華やかに。

左: 木目の家具にはブラウン系の鉢がよく合います。グリーンもよく映えますね。
右: こちらは逆に、白を基調としたシンプルな家具なので、鉢も白のシンプルなもので統一感を。白×グリーン×木目という、クリーンな空間。

2.ミックスインテリアにリラックス感を。

さまざまなテイストのデザインや色を絶妙に計算されたミックスインテリアも、植物があるとそれだけでリラックス感のある空間になります。

左: レンガの壁に、高い天井を強調するような背の高い植物が一際目を引きます。樹形や高さなど高低差をつけ、一番背の高い植物を中心にして三角形に配置され、安定感のあるバランスになっていることがわかります。
右: ブルー、グレー、ベージュ系の中間色でまとめられた空間に、キリムのクッションと、植物がポイントになっています。

3.グリーンに囲まれたリラックスできるリビング。

無造作に置かれたたくさんの植物が、自由な印象を与える空間です。やっぱり、グリーンに囲まれると癒し効果がありますよね。読書もはかどりそうな、インスピレーションがどんどん湧いてきそうな空間です。

4.シャビーシックな空間とボヘミアンテイストをミックス。

ヴィンテージっぽい雰囲気、シャビーシックな空間にグリーンをプラスすると、良い意味で肩の力が抜けて、ボヘミアンテイストのような雰囲気になります。自由だけど個性的、でもどこか気品を感じるような空間です。

5.レトロな空間も、グリーンがあれば絵になる。

「古い」建物も、たくさん並べられた植物のインパクトがあると、それだけで映画のワンシーンのような雰囲気になります。「古さ」をあえて引き立てるようなコーディネートですね。

スポンサーサイト

グリーンのデコアイディアいろいろ。

6.吊るす!

天井さえ何とかなるなら蔓の伸びる植物は吊るすと良い雰囲気!特に天井の高いお部屋だと、高さが強調されて解放感が出たりもします。

7.はしご!

小さめの鉢は、はしごで高さを出しつつ一箇所にまとめることでインパクトが出ますね。まとまっていたほうがお世話も楽?!はしごはレトロなような風合いのあるものを選ぶとインテリアに馴染みやすい。

8.研究室みたいに。

フラスコなど、化学の実験で使うようなガラスアイテムを一輪挿しのように使う。繊細な印象のグリーンやお花が合いますね。

9.枝を使って!

枝を天井から吊るし、さらにその枝に植物などをバランス良く吊るすアーティスティックなアイディア!土のいらないエアプランツだからこそ実現できるデコアイディア◎(※試す際には枝の強度など充分ご注意ください)

スポンサーサイト


Related Posts