現代の生活にもしっくり馴染む、日本の用の美、その美しさと機能性

気になるもの、自分で欲しいもの、誰かにプレゼントしたいものをピックアップするnemuru hitujiのギフトガイド、第一回目は「日本の用の美」をピックアップ。新しい年を迎えるにあたって、生活を丁寧に折り畳めるような、機能性と、現代の生活にスッと馴染むデザインを兼ね備えたアイテムを選びました!
gg1

01.我戸幹男商店(ガトミキオショウテン) / 白拭漆うすびき カップ

木工所として創業した我戸幹男商店(ガトミキオショウテン)は、高度なろくろ挽き技術を活かした山中漆器ブランドです。極限まで薄く挽き上げられたシンプルなカップ。薄いので、口当たりも優しいのが特徴です。木目が縦に入る「縦木取り」が施されているので木目も美しく、和の食卓には勿論のこと、北欧などの洋食器とも相性が良さそうです。凛とした佇まいながら、いつもの食卓にすっと馴染みそうな木の温もり。黒拭漆と白拭漆の2色展開なので、ペアでのギフトにも好適品です。
画像に戻る

02.TOKONAME / BLUECUP 03

愛知県の知多半島の西海岸に位置する常滑は、地形や材料にも恵まれ瀬戸・越前・信楽・丹波・備前と並び、日本六古窯とされています。TOKONAME(トコナメ)のビジョンは「常滑焼の伝統を更新する」。ぽってりとしたフォルムとマカロンのような柔らかい発色のカップは思わず撫でてみたくなるようです。飲み物にも、スープカップにも使いやすい万能な大きさのカップは、ギフトの定番品とも言えますが、この形・発色は他ではあまり見かけません。テーブルを明るくしてくれそうな、使うだけで優しい気持ちになれそうな、さしあげるのもいただくのも、勿論自分で使うのも、幸せにしてくれそうなカップです。
画像に戻る

03.FUTAGAMI / 栓抜き 日食

美しいオブジェのようなこちらは、実は栓抜き。1897年(明治30年)創業の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げたブランド「FUTAGAMI(フタガミ)」は、今の暮らしに馴染んでいく真鍮製品を作っています。真鍮は、はじめは金色ですが、使ううちに酸化し、アンティークのような風合いに変化していきます。真鍮が好きで、真鍮製品を集めている!という人、意外といますよね。私も大好きな素材です。こちらの栓抜き、ただ置いておいても素敵ですし、瓶に引っ掛けておけるようにもなっています。そして使いやすい。まさに用の美です。大事に使えば一生もの。ずっと一緒にいたい、大事な人に贈りたいです。
画像に戻る

04.公長齋小菅(こうちょうさいこすが) / 竹の道具4種セット

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)は、1898年に創業した、竹製品ブランド。竹が昔から生活と文化に深く関わってきた意味をよく理解し、暮らしを豊かにする竹製品を生み出すこと。21世紀に相応しい暮らしの道具として、竹製品を作り続けています。またその製品は、世界の博覧会でも多数受賞をしています。 お料理をつくりたくなる4種セット。結婚祝いでいただいたら粋だな、と思いますね。鬼おろしはなかなか自分では買わないですが、離乳食づくりにも便利らしいので、赤ちゃんのいる家庭でも重宝しそうです。
画像に戻る

05.Fores / 道行灯 むすび

「Fores(フォレス)」は森林を意味する「Forest」に由来した名前で、創業70年の和紙メーカーから誕生しました。300年の歴史を重ねる美濃和紙のインテリア照明器具・小物の製作を得意とし、和紙漉き、鉄・木工場、塗装場、提灯張り場に至るまで一括で生産している工場は、日本全国の中でも「Fores(フォレス)」のメーカー林工芸だけとなります。 日本の昔ながらの提灯ですが、シンプルで完成度の高いデザインはモダンですらあります。単3電池仕様なので持ち運びに便利で、食卓や、読書灯としてなど、様々な用途に使えそうです。個人的にはイサムノグチのAKARIシリーズが好きな方に喜んでいただけそう!と思いました。
画像に戻る

06.播州刃物 / 200mmキッチン鋏

この鋏を初めて見たときは感動しました!持ち手以外にも2つの輪があるデザイン。刃の近くのほうの輪では瓶の栓抜きとしても使え、持ち手に近いほうの輪では、くるみ割りや、ネジ型の蓋を開けることが出来ます。持ち手の先で缶を開けることも出来るそう!一つで何役もこなすのに、すっきりとしたデザインと、研げば一生使うことができるという耐久性。播州刃物は、アフターケアとして研ぎ直しの有料サービスを行っているそうです。
画像に戻る

07.足立茂久商店 / わっぱ 5寸(蒸籠)

檜の木目が美しい「わっぱ 5寸(蒸篭)」は手に収まるくらいのサイズなので収納にも場所を取らず、何と電子レンジでの使用も可!勿論、普通の蒸篭としてコンロでも使用出来ます。蒸篭で蒸した野菜はそれだけで甘いそう!焼売や、冷やご飯の温め直しもふっくらと仕上がるそうです。料理のレパートリーも広がりそうな上に、電子レンジで使えるので肩肘張らずに日常的に使えるのも素晴らしいです。
画像に戻る

✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

スポンサーサイト

Related Posts