キャメル色をおさえれば、ベーシックコーディネートに深みが出る。

洋服の数を抑えて、シンプルに暮らしたい……という皆様、気づけばワードローブが白黒、グレー、デニムばかりになってさみしい気持ちにはなっていないでしょうか。今回はキャメル色を使ったコーディネート術を集めました。なぜ、キャメル色かというと、モノトーンカラーやデニムにばっちり合いつつ、そんなベーシックコーディネートに上品さを加えてくれる、つまりベーシックワードローブを活かしてくれる、魔法のような色だからです。かといって、「老けて見えないかしら……」と苦手意識を持っている方も多いと思います。マダムコーディネートになりすぎない、キャメルを使った大人カジュアルスタイルをマスターしていきましょう!

1.キャメル+ブラックは鉄板コーディネート!

キャメルの柔らかさを引き締めてくれるブラックは、キャメルに合わせるには相性抜群の色です。なおかつ、黒多めのコーディネートの上にキャメルコートを羽織ると、柔らかい印象になり、重い印象がなく垢抜けます。

✔︎ブラックのニット、シャツ、グレーのパンツというモノトーンコーディネートに、キャメルを羽織ったお手本のようなコーディネート。絶対に失敗のない色合わせです。
camel11

✔︎ニット帽、スニーカーというストリートカジュアルっぽい合わせにも、キャメルを合わせたことで大人っぽくまとまります。コート以外の小物は黒で統一されていますね。キャメルは、ついつい黒を選んでしまう、という人にとてもおすすめの色なんです。
camel12

2.冬のホワイトスタイルにあたたかみをプラス。

夏には素敵なホワイトボトム。冬はちょっと……という方も多いのでは?ちょっと寒々しくなりそうなホワイトボトムも、あたたかみのあるキャメル色をプラスするだけで、冬のホワイトスタイルになるんです。

✔夏は、ホワイトデニム、Tシャツというホワイトのワントーンコーディネートだったであろうところに、キャメルをプラスしただけで一気にあたたかそうな雰囲気が出ます。靴が黒なのもピリッとしたアクセントになって素敵。
camel6

✔︎ホワイト、ベージュ、キャメルのグラデーションのコーディネートなのですが、これで黒とか、グレーのコートで合わせていたら、全然変ではないですが「無難」な感じでまとまっていたことでしょう。それか、ホワイトパンツに対して、色がすっきりしすぎて寒々しい印象になってしまっていたかもしれません。とても上品なコーディネートです。
camel7

スポンサーサイト

3.デニムと合わせても大人っぽい。

大人っぽいカラーだから、デニムと合わせてもカジュアルになりすぎません。むしろ、デニムを大人カジュアルスタイルでまとめてくれます。

✔︎ベーシックカラーと相性のいいキャメルだから、ホワイト+デニムにもばっちり。
camel4

✔︎ブルーのシャツ+デニムという合わせにもしっくりとまとまるキャメル色。靴とバッグが黒でアクセントになっているバランス感覚も素敵。
aefba8474b77e0eda8be5cc424785460

4.キャメルコートにはスニーカーでカジュアルダウン。

ヒールと合わせてももちろん素敵なキャメル色。でも、スニーカーを合わせ、「はずし」てカジュアルにまとめるのも今っぽい。足元がもたつかないように、ボトムスの丈はやや短めに!

✔︎かっこよすぎて完璧です。キャメル+ブラックという鉄板の合わせに、あえてカラフルなスニーカーを合わせる「はずし」の余裕が、おしゃれ上級者の貫禄です。
camel1

✔︎グレーのワントーンコーディネートに、キャメル色。白スニーカーの抜け感がおしゃれ。
camel5

✔︎右側の人、男性ですが……、こちらもホワイトスニーカーに合わせて。左側の人の、キャメルパンツにホワイトスニーカーも可愛い。
camel3

5.上級者はベージュ〜キャメルのグラデーションコーディネートで。

上級者技ですが、ワントーンコーディネートでもとてもおしゃれ。ポイントはホワイト、ベージュ、キャメルで濃淡をつけていくこと。締まらないな、と思ったら小物でブラウンやブラックをプラスして引き締めるのもいいですね。

✔︎靴・ベルトに濃い色が入っているので、「肌着っぽさ」もなく、シックなワントーンコーディネートになっています。
camel8

✔︎可愛いです。このコーディネートでスニーカーなのが可愛いし、白を選ぶのも可愛い。上から、下にいくにつれ明るくなっていくような色のグラデーション。大胆なワントーンコーディネートだけれど、ハットがブラウンに近い色なので、靴が黒だったりするとやっぱり「何か違う」感じになっていたかも。とても絶妙な色使い。
camel9

✔︎ニットを重ねている(?!)という離れ業ですが、小物・ボトムスで黒をもってきて引き締めているので、着ぶくれ感がありません。手首を見せること、髪をアップにアレンジすることも大切な着こなしポイント。
camel10

スポンサーサイト


 目次 

✔︎海外インテリアランキング
✔︎北欧(インテリア・雑貨) ブログ

Related Posts