後悔しないために。リスト化して考えてみる

前回の記事『【断捨離】大切だったモノを手放して気づいた4つの効果』で書いたように、次はクローゼットの整理をしようと思っていますが、ひとつ問題があって、「手放しているけれどモノがあぶれつつ着るものがないというおかしな状況」ということです。自己分析では、着回しのために、何がどれだけ必要か考えてから整理していないから、ちぐはぐになっているのではないか、ということでした。
それでは、季節ごとに、何がどれだけあったら困らないか。一度書き出したらすっきりするのではないかと思い、リストをつくってみました。一例として、同じように悩む方の参考になれば幸いです。
Photo credit: what’s in the closet- / 65047661@N00

スポンサーサイト


わたしのリスト

わたし…独身、子供なし。仕事はしていますが、カジュアルスタイルでOK。

通年

  • デニム×2(インディゴ、ウォッシュド)
  • 膝丈のデニムスカート
  • 白いシャツ
  • ボーダーのカットソー(SAINT JAMES)
  • ハイゲージニット(ベージュ、グレー)
  • きれいめの黒いパンツ
  • ジャケット
  • トレンチコート
✔︎少ない服の数でもおしゃれなベーシックの着こなし〜白シャツ編
定番アイテムの着こなしをマスターして、効率的にワードローブを整理しましょう。

春夏シーズン

  • ベーシックカラーのTシャツ
  • ゆるいカジュアルワンピース
  • きちんとしたワンピース
  • コットンの膝丈スカート
  • ブラウスまたはチュニック

秋冬シーズン

  • ダウンなどの温かい防寒着
  • きれいめのウールコート
  • 冬素材の膝丈スカート
  • タートルネックのニット
  • ミドル〜ローゲージニット
  • モヘアのカーディガン

リストを書き出してみて思うこと

ものすごく極論を言うと、デニムに白シャツにSAINT JAMES、夏はTシャツ、冬はニットさえあったら困らなくはないだろうな、と思います。ある程度のTPOをおさえつつ、生きる喜びが奪われない程度の最低限リストです。

✔︎必要なものと無駄なものがはっきりする
そんなに着ないのになんでスカートあんなに持っているんだろう、とか、もうミニスカートなんて履かないのに、とか、コートももうあれ要らなくない?とか、書き出しながらぼろぼろと手放したいものが出てくる出てくる。逆にベーシックだし必要なはずなのに、あれ持ってないなあ、とかも出てきました。
必要なものを持っていなくて、不必要なものをなぜか溜め込んでいたから、着るものがなかったんだな、と今でははっきりと認識できました。

✔︎自分のベーシックがわかるから、トレンドも取り入れやすい
ファストファッションの普及で、クローゼット全部がトレンドど真ん中の洋服ということも不可能ではなくなった時代ですが、そういうことをするとシーズン毎に全部クローゼットを点検しないといけないわけです。恐ろしいですね。
自分のベーシックがわかっていれば、これを軸に、トレンドのトップスなりボトムスなりを1〜2着シーズン毎に取り入れれば良いだけだし、きっと、突飛なトレンドに手を出して後悔することもなくなる、でしょう。

リストを作るうえでの注意点

✔︎普段の生活パターンを考えてみる
私は気ままに生きている人なのですが、転職などしてオフィスカジュアル必須になったら中身も変わると思いますし、(まあ、ないと思いますけど)エリートの人と結婚したら夫の仕事の関係の人との付き合い?とかで、「こんなカジュアルな服しか持ってないのか?!」って怒られそうですし(よくわからない世界ですけど 笑)、私自身もライフステージが変わったらどんどん更新されていくリストなんだろうな、と思いますし、人によっていろいろなリストがあるんだろうな、と思います。(単純に好みの問題で、パンツ派かスカート派か、でも変わりそう)

結論!どれくらい必要?

通年着る服…10着
+春夏…5~8着(Tシャツにどれだけゆとりを持たせるかで増減)
+秋冬…6着ぐらい
(私の場合)
24着ぐらいあれば生きていけそうです!あ、そんなに少ないんだ、自分でもびっくりしました!このラインを目指しさっそくクローゼットの整理をしていきたいと思います。

 目次 


スポンサーサイト

Related Posts